金額別で今日中にお金を借りる

金額別にお金を借りる際の注意とは

今日中にお金借りるにあたって、審査スピードや必要書類の準備なども含めて、いかにスムーズに手続きをするか重要です。 特に、カードローンの場合は、借入希望額によって用意する書類が変わってくるため、借入希望金額別に具体的な情報をチェックしていきましょう!

目 次

 

即日融資対応【緊急時は断然プロミス】

▲ 【厳選1社】銀行系グループだから安心!


プロミス

金額別にお金を借りる

借入金額ごとの特徴や注意点をまとめています。実際に借りたい金額の情報をチェックしてください。 また、希望借入限度額によって、カードローン契約時に提出を求められる必要書類が変わってますので、あらかじめ準備をしてから、スムーズに手続きを進めましょう!

>> 必要書類の詳細はこちら


1万、2万、3万、5万円借りる

1万円借りる、2万円借りる、3万円借りる、5万円借りる…といったように、借入金額が10万円以下の少額だった場合には、カードローン契約の際に必要となる書類も基本的に本人確認書類のみと少なく、お金を借りやすいといった特徴があります。 1万円、2万円、3万円くらいであれば、友達や知人からも借りやすいかもしれません。5万円、10万円くらいであれば、相談すれば家族ならばお金を借りれるかもしれません。 ですが、身内であれば遠慮もなくお金を借りる理由を問われたりお金を借りる際に言い訳をしなければなりませんし、友人知人や会社の同僚など他人からお金を借りるとなると、人間関係が壊れるきっかけにもなりかねません。

少額キャッシングなら金利も気にならない
10万以下の少額キャッシングであれば、金額も少ないので金利の影響も受けにくく支払い利息もわずかのため、サクッと大手消費者金融カードローンでお金を借りるのが便利です。 また、カードローンの利息は日割り計算なので、借入期間の日数のみ支払えばよいので、短期借入の場合も金利の影響は受けにくくなっています。

>> 今日中に1万円借りる方法はこちら

>> 今日中に2万円借りる方法はこちら

>> 今日中に5万円借りる方法はこちら


10万、20万、30万、50万円借りる

消費者金融カードローンで、10万円借りる、20万円借りる、30万円借りる、50万円借りる…といった方は、他社借入金額の合計金額が重要となってきます。 消費者金融で初めてお金を借りる方や、他社からの借入がない方などは良いのですが、すでに他社からお金を借りている場合には、他社からの借入金額と新たに借りようとしている金額との合計金額を確認する必要があります。

他社借入の合計金額について
新たな金額をキャッシングしようと思ったときに、すでに他社からお金を借りている方は、借入希望金額の合計金額によって借入金額の合計が50万円を超えた場合に、本人確認書類のほかに収入証明書類の提出が必要となります。 また、他社借入金額のなかには、クレジットカードのキャッシング枠の金額も含まれるため、クレカのキャッシング機能を使ってすでにお金を借りている場合は、そちらもあわせた合計金額で判断しましょう。 他社借入金額の合計だけですでに50万円を超えている場合には、収入証明書の提出をしなければ、新たな借り入れはできませんのでご注意ください。

>> 今日中に10万円借りる方法はこちら

>> 今日中に20万円借りる方法はこちら

>> 今日中に30万円借りる方法はこちら


60万、70万、80万、90万円借りる

60万円借りる、70万円借りる、80万円借りる、90万円借りる…など、借入金額が50万円を超える場合、消費者金融などの貸金業者では、収入証明書の提出を求められます。 また、借入希望金額が大きくなってくると、審査も慎重になります。

提出書類について

収入証明書類

・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
※賞与がないお客さまは直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください。

収入証明書類の提出条件
・ご希望のお借入額が50万円を超えるお客さま
・ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超えるお客さま

100万円借りる

消費者金融カードローンで100万円借りる方は、必要書類や借入希望金額に注意が必要です。 総量規制の対象である消費者金融から100万円借りるには、少なくとも300万円以上の収入がなければいけないので、条件をクリアしているか確認したうえでお金を借りましょう。

総量規制について
総量規制とは、消費者金融などの貸金業者を対象に規制されているもので、収入の3分の1を超える新たな借入ができないといったものになります。 消費者金融は総量規制の対象なので、たとえば、年収が60万円の方が借入できる上限金額は20万円となり、すでに20万借りている場合には、他社も含めて新たな借り入れはできません。 また、借入上限金額20万円に対して借り入れ済み金額が10万円の場合、新たに借り入れできる金額は差額の10万となります。

金額別で今日中にお金を借りるチェックポイント


今日お金借りるならカードローンがベスト

住宅ローンや自動車ローンなど、お金を借りる方法はいつくかありますが、今日中にお金を借りたいなら即日融資が可能なカードローンがベストです。 プロミス、アコム、SMBCモビット、アイフルなど、大手消費者金融カードローンなら、土曜日、日曜日、祝日(祭日)などの休日でも、申し込んだその日のうちにお金を借りることができます。

消費者金融と銀行カードローンの違い

カードローンには、主に消費者金融カードローンと銀行カードローンがありますが、それぞれにメリットとデメリットがあるため、借入金額や借入目的、融資スピードなど最適な借入先を選ぶことが重要です。 こちらでは主要カードローンの消費者金融と銀行カードローンの違いなどについてお伝えしています。

消費者金融のメリット・デメリット
消費者金融メリット
・スマホ、パソコン、ケータイから24時間365日いつでも審査申し込みできる
・審査回答最短30分と審査速度が速く結果が出るまでの待ち時間が少ない
・土日でも新規申込から最短1時間借入も可能で即日融資できる
・大手なら初回借入で最大30日間の無利息期間キャンペーンがある
・審査に自信がない人でも申し込める
・すぐに口座振り込みでお金を貸してくれる所がある
・新規申込で土日 でも 借り れる カード ローン
消費者金融デメリット
・銀行カードローンと比べると金利が高いので長期借入や大口借入に向いていない
・総量規制の対象のため年収の3分のを超える新たな借り入れができない
消費者金融に向いている人
・今日中にお金を借りたい人
・短期借入や少額借入の人
・カードローン審査に自信がない人

銀行のメリット・デメリット
銀行メリット
・低金利なので長期借入や大口借入に向いている
・銀行ならではの安心感がある
銀行デメリット
・審査が厳しいため審査に落ちる可能性も高い
・審査に時間がかかるため当日借入はできない
・銀行口座開設が必要な場合が多い
銀行カードローンに向いている人
・長期借入や大口借入の人
・即日借入ができないため、借入までに時間がかかってもいい人
・審査に自信がある人

銀行カードローンの即日借入が厳しい理由

元々、審査が厳しかった銀行カードローンですが、ここ数年の銀行貸付額の増加に伴い多重債務に陥る利用者や過剰債務の問題も増えており、消費者保護の観点から、金融庁から銀行に対して貸付自粛の陽性がありました。 そのため銀行借り入れ自体が今まで以上に審査が厳しくなっている理由となりますが、審査を慎重かつ厳しくしたこともあり、審査自体にも時間がかかるようになって、新規カードローン申込に対する即日借入はできなくなりました。 今までは、土曜、日曜、祝日(祭日)などの休日でも、新規で借り入れできる銀行カードローンもありましたが、現在は初めてカードローン申し込みをする方は、即日融資はできませんのでご注意ください。

カードローンで今日お金を借りるポイント

カードローンを利用するには、新規でカードローンの申込、カードローン契約、借入をする必要がありますが、新規申込をした当日中…まさに今日お金借りるには、即日融資が可能なカードローン業者を選ばなければいけません。 こちらでは、カードローンで今日お金借りる方法についての詳細な情報を公開しています!

即日融資でお金を借りる必須ポイント

・24時間365日いつでも気軽に申し込める
・土日休日も審査を行っている
・審査回答最短30分など審査スピードが速い
・申込から最短1時間融資と融資速度が早い
・提出する必要書類の準備が済んでいる
・カードローンでお金を借りる流れを把握している
・コンビニATMなど身近なところですぐにお金を下せる

即日融資可能な借入先とは

即日融資でお金を借りる必須ポイントを網羅しているのが、融資速度が速く大手で安心な銀行系カードローンや大手消費者金融カードローンです。 銀行系カードローンとは、銀行のグループ会社や銀行関連会社などが経営しているカードローンで、テレビCMでもお馴染みの大手一流企業になります。 銀行系グループは大手のため、土日休日も新規契約OKなので新規でも今日お金借りることができます。

代表的な銀行系大手消費者金融

・SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス
・三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム
・SMBCグループのSMBCモビット
・東証一部上場のアイフル

カードローンでお金を借りる流れ

お金を借りる流れの3ステップの画像を入れる!
(1)審査申し込み
(2)審査&審査回答⇒契約手続き
(3)お金を借りる

スマートフォン、パソコン、ケータイから、インタインターネットで24時間365日いつでも申込可能です。


消費者金融最短借入方法とは

消費者金融カードローンには、カードローン審査申し込みからカードローン契約手続き、お金の借り入れなど、いくつかの借り入れ方法がありますので、代表的な消費者金融から最短でお金を借りる方法をお伝えしていきましょう。

来店不要で最短融資!ネット申込&振込キャッシング
来店不要で誰にもバレずにお金を借りたい!クレジットカードの支払い、水道光熱費やスマホ料金の引き落としのためにお金を借りたいから自分の指定銀行口座に振込キャッシングでお金を借りたい!など、ローンカードによるお金の引き出しではなく、直接希望の指定口座に振り込んでほしい場合には、インターネット申し込み後に即日振込キャッシングでお金を借りる方法が便利です。 ローンカードを発行せずにカードレスでお金を借りることになりますが、銀行窓口が営業時間外である平日夕方や夜間早朝だけではなく、原則10秒で振込可能など、現在はどんどん即日融資のサービスが充実しています。

※大手消費者金融では、基本的には土日祝祭日の振込にも対応していますが、土曜日曜祝日などの休日には振込キャッシングを行っていない場合もありますのでご注意ください。


最短カード発行!ネット申込&自動契約機カード発行
銀行口座への振り込みではなく直接現金が手元にほしい!ローンカードを発行して提携コンビニATMで気軽に自分でお金を引き出したい!といった場合には、ネット申込後に審査回答を受けとったうえで、自動契約機(無人契約機、ローン申込機)にてローンカードを発行&受け取りが便利です。 自動契約機では、同じブース内や近場にATMが設置されているので、ローンカード発行直後に、ATMからすぐにお金を借りることもできます。

自動契約機で無駄足をしない工夫
自動契約機ではカードローン審査申し込み自体も可能ですが、自動契約機で審査申し込みをした場合には、審査回答が出るまでその場で待機していなければならないのがネックです。 さらに、万が一、審査に落ちてしまった場合には、出先での待ち時間が発生したうえでカードローン契約もできない…といった完全に無駄足となってしまうため、自宅などでインターネット申込を行いあらかじめ審査回答を受け取ったうえで、契約手続き&ローンカード発行自体は自動契約機で行う方法がベストです。

即日融資可能な金額とは

即日融資を狙うなら、1万、2万、3万、4万、5万、6万、7万、8万、9万、10万、20万、30万など、50万円以下の少額キャッシングが有利です。 消費者金融カードローンは総量規制の対象の為、収入の3分の1を超えた新たかな借入を行うことができませんが、裏を返せば(審査に通りさえすれば)年収の3分の1までは借入ができるということになります。 たとえば、年収が300万円の方は、借入可能限度額の上限が100万円ということになりますが、借入実績もなく初めてお金を借りる方が借入希望額を高額にした場合には、審査に通りにくい傾向にあります。 1万円借りる、2万円借りる、3万円借りる、5万円借りる、10万円借りる、20万円借りる、30万円借りる…といったように、希望借入金額が50万円を超えない金額ですと、即日融資でお金も借りやすいので、はじめから高額借入は狙わずに、まずは必要最低限の金額だけを借り入れし、しっかりと借入実績をつけたうえで、増額借入の相談をしてきましょう! お金を借りる際に審査が通らないという方は、まずは少額キャッシングをオススメします!

借入金額別の必要書類とは

借入金額別に提出する書類が異なる

カードローン契約をする際には必ず本人確認書類が必要となりますが、借入希望額によっては、追加で収入証明書の提出も必要となります。 特に、消費者金融は総量規制の対象となるため、「収入の3分の1を超えない金額」を確認するためにも、収入証明書類の提出条件がしっかりと定められています。
消費者金融の収入証明書類の提出条件
・利用限度額が50万円を超える場合
・申込み時の会社の利用限度額と他の貸金業者からの借入の合計額が100万円を超える場合

※銀行の収入証明書提出条件は銀行ごとに異なりますので、ご利用の際に公式サイトにてご確認ください


本人確認書類

運転免許証、パスポート、個人番号カード、在留カード、特別永住者証明書、健康保険証+補足証明書1点、そのほか、住所、氏名、生年月日が記載されている顔写真つきの公的証明書類
本人確認書類の補足資料
住民票、電気・ガス・水道・固定電話(携帯電話の領収書は不可)・NHKなどの公共料金の領収書のうちいずれかひとつ、納税証明書

※顔写真つきの本人確認書類がない場合などは、本人確認書類の補足資料が必要となる場合があります


収入証明書類

源泉徴収票(公的年金等の源泉徴収票および退職所得の源泉徴収票を除く)、直近2ヶ月分の給与明細書、住民税決定通知書(特別徴収税額の決定・変更通知書)、納税通知書、確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書、支払調書、所得証明書、年金証書、年金通知書

※消費者金融では「収入の3分の1以上の借入はできない」という総量規制があるため、借入希望金額によって収入証明書の提出が必要となります。

※銀行カードローンでは、それぞれの銀行の規定金額の借入希望額を超えた際に、収入証明書類を提出する場合があります


カードローン徹底解説

カードローン申込条件

・年齢制限:満20歳〜 ※上限年齢は業者によって異なります
・収入制限:継続的に安定的な収入がある方
・居住制限:日本国内に住んでいる方
・信用:保証会社の保証を受けられる方(審査基準に通った方)
職業制限や正社員、契約社員、パート、アルバイト、主婦といったような労働形態、国籍、性別などによる制限はありません。 なお、消費者金融は総量規制の対象となるため、借入するご本人に収入があることが条件となっていることもあり、たとえ配偶者の方に収入があったとしても専業主婦の方は借入できません。

※カードローンの申込条件は業者によって異なりますので、ご利用の際には公式サイトにてご確認ください


カードローン審査申込方法

・スマートフォン、パソコン、携帯電話からインターネットで24時間365日WEB申込
・店頭窓口、店舗窓口で申込み
・自動契約機、無人契約機、ローン申込機で申込
・電話で申込み
・郵送で申し込み

カードローン契約手続方法

・スマホ、PCからインターネットで必要書類をアップロードして契約
・スマホアプリで必要書類をアップロードして契約
・店頭窓口、店舗窓口で申込み
・自動契約機で契約

カードローン必要書類

カードローンの必要書類は、借入希望金額によって異なります。

>> 必要書類の詳細はこちら

カードローン借入方法/お金の引き出し方法

・店舗窓口でお金を借りる
・店舗ATMや、自動契約機・無人契約機・ローン申込機内に備え付けのATMからお金借りる
・提携銀行ATMや提携コンビニATMなどの提携ATMで現金引き出し
・指定の銀行口座への振込キャッシングで借入

※大手消費者金融であれば、土曜日、日曜日、祝日(祭日)などの休日でも新規契約&当日中に借入可能です。


平日夕方夜間、土日祝日の最短借入方法
(1)スマホ、パソコン、ケータイから、WEBで24時間審査申込
(2)審査&審査回答⇒ネットか自動契約機で契約手続き
(3)ATMか振込キャッシングでお金を借りる

ローンカードでATM引出し
自動契約機・無人契約機・ローン契約機でローンカードを即日発行したうえで、備え付けの店舗atmや、24時間利用可能な提携コンビニATMで現金が引き出せます

来店不要の振込借入
WEB申し込み、web契約手続き、そのまま指定銀行口座へ振り込みキャッシングをすれば、カードレスでお金を借りることができます。

カードローン返済方法

・指定口座への振込返済(インターネット返済)
・指定口座からの引き落とし返済
・店頭窓口での返済
・ATMや提携ATMなどでの返済

一部返済や全額返済も可能
カードローンの金利は月割計算ではなく、日割り計算となっているため、返済日まで待つことなく一部返済や全額返済を行うことで利息負担を減らすことができます。 臨時収入があったときや、借りたお金をそこまで使わずに残っているときなどは、積極的に返済していきましょう。

遅延利息や遅延損害金に注意
返済が遅れると、遅延損害金年率20.00%など通常の金利よりも率が高い遅延利息や遅延損害金が発生します。 また、金額だけの問題ではなく、返済が遅れているといった事実により、その期間が延びるとブラックリストに載ってしまうなど信用情報にも関わってきますので、もし手持ちのお金が厳しく返済が遅れる場合や返済金額を減額したい場合などには、必ず、期日前に通話料金無料のフリーコールに電話をしてあらかじめ相談することが重要です。 返済期日は利用明細書や会員サービス内で確認できますし、返済日お知らせメールなどの配信サービスもあるので、返済もれがないようにこまめにチェックすることをオススメします。
遅延損害金の計算方法
残高×遅延損害金年率÷365日(うるう年は366日)×期限の利益の喪失日の翌日からの経過日数

金額別でお金を借りるQ&A

個人間融資掲示板・闇金融業者に注意

大金を借りる方法を知りたい!お金 借りるのに即日で審査なしで借りれるところを捜している…そんな話をよく耳にします。 そういった方がどこから も お金 が 借りれ ない 場合や、無職でどうやって も お金 が 借りれ ない場合など、絶対借りれる個人融資を頼るケースがあります。 しかし、ツイッター、フェイスブック(Facebook)、インスタなどで今話題の個人間融資掲示板には、明らかに悪質な闇金融業者(通称ヤミ金)が紛れていることが多いのです。 闇金融業者は、法定利息の範囲を大きく超えた高金利で貸し付けを行ったり、返済が滞った場合には無理な取り立てをしたり…とトラブルが多いのが特徴です。 また、なかには相手が闇金融業者だとわかっているのに、お金借りられない 最終手段として手を出してしまう…といったケースも後を絶ちません。 どこもお金借りれないからといって、闇金融業者(ヤミ金)からお金を借りるのは非常に危険な行為なので、お金借りたい激甘審査ファイナンスなどからは絶対にお金を借りたいようにしましょう!

絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンスとは

お金を借りたいけど借りれない方は、無償でお金を貸してくれる人や絶対借りれる個人融資をお探しかもしれません。 確かに、なかなか審査に通らない方にとっては、即日融資ができて無審査でお金を借りることができれば非常に助かりますが、その分、絶対に貸してくれる金融極甘審査ファイナンスや消費 者 金融 で 借りれ ない 極 甘 審査 ファイナンスを利用することでのマイナス面もあるという点は注意したいところです。 というのも、これらは一見まともそうな業者に見えたとしても、フタを開けてみれば闇金融業者(通称:ヤミ金)であることが多く、法定金利を超えた金利で貸し付けをされたり、無理な取り立てをされたりとトラブルに巻き込まれやすいためです。 目先の甘い言葉には注意して、まずはしっかりとした安心感のある業者に申し込みをしましょう!

金額別で今日中にお金を借りる記事一覧

PAGE TOP